脂肪溶解の方法

痩身エステサロンでの脂肪溶解では、キャビテーションという施術があります。1回の施術でサイズダウンする人もいます。キャビテーションでは、超音波を脂肪細胞に当てることで脂肪を溶かしながら、細胞内の気泡がはじけることで脂肪細胞を壊す作用が期待できます。痩せたい部分にマシンを当て、脂肪細胞だけを振るわせて空洞現象(キャビテーション)を起こします。

キャビテーションは、脂肪にのみ影響する周波数の超音波によって起こる現象なので、皮膚や筋肉への影響はありません。部分痩せに効果的で、体形や体質を選びません。痩せにくい理由となっているセルライトも分解するので、でこぼこ肌が滑らかになる効果もあります。キャビテーションマシンを充てる時間は15分から20分程度で、脂肪溶解の効果は3日4日続きます。その間は脂肪が燃えやすくなりますので、有酸素運動や食事制限を併せると、痩身効果は上がります。

キャビテーションのメリットは、施術に痛みを伴わないこと、傷跡が残らないこと、施術後すぐにサイズダウンすること、リバウンドしにくい、などが挙げられます。このような即効性や安全性から、切らない脂肪吸引と言われることもあるほどです。エステサロンで痩せられる理由のひとつは、キャビテーションによる脂肪溶解です。

Published by